転職 転職エージェント・サイト

アラフォー営業で年収を倍増させる。おすすめ転職サイト・エージェント

30代後半でいわゆるアラフォーの営業職です。これまでに営業だけしかやってこなかったので、ITや会計など専門的知識はありませんし、これから勉強して身に着けるだけの能力があるとも思えません。それでも転職は可能ですか?また、おすすめの転職サイトはありますか?

とりあえず、テレビCMでみた転職サイトに登録したけれど、さっぱり魅力的なスカウトがきません・・・。時々メールがきても、希望年収に届かなかったりと、思い描くキャリアと違う内容ばかりです。

こんな疑問・悩みにお答えいたします。

本記事の内容

  • アラフォー営業に強いおすすめ転職サイト・エージェント3+1
  • ぶっちゃけ営業職は最強です。
  • 転職エージェントから高年収スカウトがこない・・
  • まとめ

この記事の管理人

管理人プロフィール

メーカー営業職のアラフォーから転職を成功させ、年収1,200万円を達成しました。

この記事では、これまでの転職経験を通じて身につけた良い求人を見つけるコツや転職サイト・エージェントを活用するコツをご紹介します。

転職活動を通じてわかったことは、営業は最強の職業ということです。ぜひ自信を持って転職活動に楽しんで?欲しいです。

それでは行ってみましょう。

アラフォー営業に強いおすすめ転職サイト・エージェント3+1

キャリアアップへの近道を見つけましょう。 

結論から言うと、大手運営のハイクラス向けサイトがおすすめです。

おすすめ転職サイト 3+1

リクナビネクスト 社会人のための転職サイト
※転職サイト最大手。 幅広い年齢層に対応しています。
【ミドルの転職】エン・ジャパン 30,40代のハイクラス転職
※ミドルクラス案件も豊富。 このサイトへの登録で転職成功しました。
doda(デューダ)転職なら、求人情報、転職サイトdoda
※年収査定や適性診断などのコンテンツが充実。

CAREER CARVER(キャリアカーバー )ハイクラス・エグゼクティブ 転職サイト
※リクルート運営。1000万円超え案件がずらり。ぜひ挑戦しましょう。

おすすめ転職エージェント 3+1

以下の転職エージェントからスカウトがきたら即返信です!

リクルートエージェント 転職支援実績No.1
※業界最大手。サポート&会員専用ページがとても親切です。
パソナキャリア オリコン顧客満足度第一位エージェント
※転職後年収アップ率67.1%の実績。案件数が豊富です。
ロバートウォルターズ 日系グローバル・外資系なら
※世界的大手エージェント。下手な英語でも聞いてくれます。大丈夫です。

REX 会計士・税理士・管理部ならレックスアドバイザーズ
※サービスが早い!経営企画・経営管理を狙うならここ。

転職サイトには転職エージェントが多数登録され、新規登録者の情報を常にチェックしています。

まずは、これらの転職サイト&エージェントに登録しておきましょう。年収1,000万円以上の求人が豊富です。

高年収に絞った大手転職サイトに登録する理由

理由は二つあります。一つは、若手向け転職サイトに登録するムダな労力を省くため、もう一つは、豊富な情報源を確保するためです。

仮に希望職種が絞りきれていない場合は、大手転職エージェントを通じて複数職種の書類選考に応募してみることもアリです。自分の適性職種を判断することもできます。ただ、実際に落選すると、落ち込みますけどね・・

書類選考で落ちた時の体験談はこちら⬇️

経理未経験USCPA米国公認会計士 転職先の選び方【体験談あり】

中小や外資系エージェントの活用

大手転職エージェントの紹介で本命の求人が見つかった場合は、中小転職エージェントや外資系エージェントにも同じ求人があるか確認してみることもおすすめです。

なぜなら、大手転職エージェントには経験が浅い若手エージェントが多数在籍している一方、中小転職エージェントには元大手企業人事部長など、選考を通す力を持ったベテランが少数ながら在籍しているためです。

実際に、私が商社への転職に成功したときにお世話になったエージェントは大手ではありませんでした。

下記の”グローバルリファイン”です。書類選考では手厳しいアドバイスをいただきましたし、模擬面接では、まるで本番のような圧迫面接を体験することができました。無茶苦茶おすすめです。

ぶっちゃけ営業職は最強です。

なんと言っても営業職が最強です。

最近、若手には営業職の人気が落ちているそうです。理由は、”ノルマがきつい”、”残業が多い”、”人付き合いが面倒”、などなど。しかし、よくよく考えると、営業職ほどキャリアアップの可能性が満ちた最強職業はありません。その理由を紹介します。

優秀な営業マンは数字に厳しい

皆さんは売上目標を達成できていますか?営業にとって月末の営業進捗報告は一大イベントです。同じように会社の社長は会社全体の数字を日々確認し、計画との乖離があれば原因究明・課題追求し、即実行に移しています。

これが、開発部であったらどうでしょう?毎月の進捗管理はされていますが、営業のような数値管理・利益管理はなかなか身に着けることはできません。

つまり、営業は経営にとって重要な数値管理・利益管理を経験することができる最適な職種なのです。

優秀な営業マンはリベラルアーツを重視する

そこそこの営業マンは、顧客への接触回数を増やして売上をあげます。人間は会う回数が多いほど好感度を持ちやすくなるためです。このことを単純接触効果(ザイオンス効果)と呼びます。そのため、一定程度の体力重視のバリバリ営業マンの需要が存在するのです。

しかしながら、単純接触効果を活用できる顧客は、個人であったり損得なしの人情で買ってくれる人たちです。

一方、トップクラスの年収をあげる営業マンは法人営業が中心、一件あたりの売上金額は数千万、数億円となります。ここまでの金額になると決裁権を持つのは、役員と交渉する人間力が必要になってきます。

そこで重要になるのがリベラルアーツ。基本的な物の見方、一般常識、判断軸、コミュニケーション、などを持つ必要があります。

ビジネスにも100%役立つ!人間を自由にするリベラルアーツについて解説

優秀な営業マンは顧客の話をよく聞いています。この他人の話を聴く・聞く・尋く、はサラリーマンであれば若手向け研修でも必須ですよね。

世界で1500万部売れた「人を動かす」の著者デール・カーネギーは、その著書で”相手の話を聞け。それだけで人生の80%は成功する。” と言っています。

営業を通じてキャリアアップ

キャリアップのためには、個人営業よりも法人営業でしかも結果を出し続ける必要があります。また、アラフォーとなれば、営業職の次のステップを考えておく必要があるでしょう。ここではその理由とキャリアプランの例を紹介します。

営業のターゲットは法人であるべき理由

一般的に年収が高い営業は法人営業です。個人が購入する高額商品の代表は”家”です。しかも一生に一度あるかないか。

一方、法人は”設備投資”、”人材”、”IT・システム”、”アドバイザリー”と多種多様の高額商品・サービスを数年おき。どちらをターゲットにした営業の方が高額の商品・サービスを回数多く購入してもらえるかは明らかですよね。

以下は、キャリアカーバー で各営業職において、キーワード”年収:1,200万円以上”&”勤務地:東京”で検索してヒットした件数です。法人営業に高額年収が圧倒的に多いですね。

  • 法人営業:654件
  • 個人営業:43件
  • 海外営業:88件
  • 営業企画:81件

営業は仕事をしながら経営を身に付けられます。

企業のトップに営業部出身が多いのは偶然ではありません。営業経験を通じて、様々な経営に必要な技能・経験を身につけることができることが理由です。

営業の皆さんは知らずにこのような技能・経験を身につけているのです。

  • 結果=数字にこだわることの重要さ
  • 社内各部署との調整を通じて身につける会社への理解
  • 顧客交渉を通じてのリベラルアーツの向上

ただし、なんとなく毎日の営業をこなしているだけではダメです。経営やその次の職種を見据え、日常業務に自分なりの意味づけをしましょう。その先に高額年収や退職後も続けることができるキャリアが待っています。

以下は、転職エージェントサイト"Career Carverキャリアカーバー "を使って、キーワード”年収1,200万円”で検索した際にヒットしたそれぞれの職種の求人数です。

  • 戦略コンサル:1,341件
  • 事業企画・統括:566件
  • 経営企画・戦略:562件
  • 内部監査・内部統制:156件

リクルートのハイクラス転職・求人サービス CAREER CARVER(キャリアカーバー)

転職エージェントから高年収スカウトが来ない・・・

こんな感じで”プラチナスカウト”も届くようになります。

時間をかけて転職サイトに希望条件・職務経歴など登録したのに、スカウトが来ない・・・

そんな時には、以下のことをチェックしてみましょう。

希望条件(年収、勤務地、職種、業界、など)を幅広く選択していないか?

転職サイトには業界・職種・年収・勤務地など、多くの選択肢がありますよね。ひょっとして、できるだけ多くのエージェントから求人が来るように、幅広く選択肢にチェックを入れていませんか?

例えば、業界は食品・化学・自動車にチェック、職種は営業・経営企画・海外営業、勤務地は関東地域、などなど。

このように多くの選択肢をチェックすると、しっかりと自分自身の希望条件が定まっていないとみなされます。

要するに自己分析が未熟で、なんとなく今の仕事に不満があるから転職サイトに登録してみようという人ですね。否定する人もいるかもしれませんが、転職戦略的に考えても、網羅的に希望条件を出すことは得策ではありません。

転職とは、企業とあなたのマッチング活動・婚活です。

例えば、あなたが生涯のパートナーを探している時、どんな条件の人でも構わないからお付き合いしたいと感じるでしょうか?”この人でなければいけない”、”自分を必要としてくれている”、そうした人とお付き合いしたいですよね。企業も同じです。

どんな企業・業界でも構わないという人には魅力を感じません。ベテランのエージェントはそのことをよく知っていますので、焦点を絞った希望条件、一貫性を持った経歴にスカウトを送るのです。

自分を過小評価していないか?

当然ですが、年収が倍増するような案件を掴むためには、「年収を倍増させたい。」という希望をエージェントに伝えなければ始まりません。

エージェント自ら、「あなたの経歴があれば年収は倍増しますよ。」と向こうから言ってくれることはないのです・・・。

”年収1,000万円以上”や”勤務地は東京”、”転職なし”などしっかりと希望条件を転職サイトに登録しましょう。

転職活動とは、婚活のようなものです。婚活がお互いに価値観・好みなどがあう相手を選ぶように、転職活動もエージェントや企業があなたを選ぶだけでなく、あなた自身も選ぶ側にいます。自分の気持ちに正直に活動しなければ、入社後に皆が苦しむことになります。

職務経歴は”あなた”と言う商品のプレゼンテーションです。

これまでの経験を時系列に並べるだけでは、あなたが”営業のプロフェッショナル”であるとは伝わりません。職務経歴書は、経験を羅列するだけのものではなく、”あなたが何者なのか?”、”何をどうやって、どのような成果を出してきたのか”を伝えるプレゼンテーションです。特に「職務要約」は重要です。200~400字で、一貫性のあるストーリーにまとめましょう。

職務経歴は客観的事実でわかりやすく。

経験してきたことを書くだけではなく、これまでの責任・成果を数字と事実(売上金額、マネジメント人数、など)を使って書きましょう。例えば、

「担当地域の売上をアップさせました。」⇨ 「〇〇地域で売上を20億円(2019年)から30億円(2020年)にしました。マネジメントした人数は10人です。」

サイトにはこまめにログインする。

転職エージェントは転職希望者のログイン回数、最新ログイン日時をチェックしています。エージェントからの注目を集めるため、頻繁にログイン、情報を更新するようにしましょう。

まとめ

まずは行動しましょう。ここまでアラフォー営業職に多くの可能性があることをお話ししてきました。では、いつ行動に移すべきでしょうか?答えは、”いますぐ”です。

人間、今よりも良くなるとわかっていても、なかなか始めることができないようにできています。脳がそのような作りなのです。いつも「後でやる」、「週末やる」、と考えて、Youtubeをながら試聴している・・・なんてことはないでしょうか?

脳はカロリーの20%以上を商品する器官ですから、言い訳をつけて怠ける修正があるのです。まずは、今すぐ初めて、この記事を読んでくれた時間をリベラルアーツを勉強する時間や転職活動にかける時間に変えてみましょう。

転職サイトは最初の登録こそ、30分ほどかかるかもしれません。しかし、そのあとは5分ほどで焼き回していければ、あとはエージェントからの連絡を待つだけです。仮に連絡が来なかったら・・・、その時に登録内容を少しずつ見直していきましょう。ぜひ、この機会があなたの天職に近づくきっかけになると嬉しいです。

リクナビネクスト 社会人のための転職サイト
※転職サイト最大手。 幅広い年齢層に対応しています。
【ミドルの転職】エン・ジャパン 30,40代のハイクラス転職
※ミドルクラス案件も豊富。 このサイトへの登録で転職成功しました。
doda(デューダ)転職なら、求人情報、転職サイトdoda
※年収査定や適性診断などのコンテンツが充実。

CAREER CARVER(キャリアカーバー )ハイクラス・エグゼクティブ 転職サイト
※リクルート運営。1000万円超え案件がずらり。ぜひ挑戦しましょう。

 

 

 

 

 

-転職, 転職エージェント・サイト

© 2021 天職インサイト